クオーツと機械式の違い

クオーツと機械式の違い

さて、現在世界で作られたほとんどの腕時計は、
クオーツタイプの時計です。

そして、機械式の時計は、全体の単に数パーセントだけです。
しかしながら、クオーツタイプの腕時計は、
発明され、ついにわずか約30年しか過ごしていない時計です。

これらの2個の時計には様々なことに関する違いがあります。
もちろん、修理方法は、さらにオーバーホール(分解してから掃除)
に関して完全に異なります。

そもそも、この2つは時計の構造は異なります。

私は、機械式の時計およびクオーツタイプの時計の修理の差として、
1番に伝えられることが時計の構造において異なると聞いています。

機械式の時計に関しては、ゼンマイが動力源として役立ちます。
また、クオーツタイプの時計は、バッテリーの力によって走ります。

バッテリーが交換されれば、クオーツタイプ時計は何年間か動きます。
しかしながら、機械式の時計に関しては、
ゼンマイを回転しなければ、機械式の時計は動く事はありません。

大きな違いがこの動力源の耐久性にあることは言えるかもしれません。
それが2日の間置けば、最も機械式の時計は止まるでしょう。

一般的には、クオーツタイプ時計の方が、より使いやすいと思いますよ!

腕時計は大事なファッションアイテム